20220708

本日は2022年7月8日から日付が変わり、7月9日です。七月八日の翌日です。

特にこの件について触れるつもりもなかったし、特定の意見を言うつもりなんてなかったんですが、色々な意見や情報等を見ているうちに何かしら思っていることを残しておきたいと思ったので、書いています。まずは、ご冥福をお祈りします。

7月8日金曜日は会社へ行っており、昼休憩に入ってTwitterを確認したところに飛び込んできたニュースで、正直タチの悪いフェイクニュースなのでは?とも思いました。それが真実だと分かり、正直なところ、まったく現実感が湧きませんでした。歴史の教科書の中でしか聞いたことのないような話です。ただただ、少しずつ時間が経つにつれて、これは現実なのだという残酷な真実に、じわじわと心が消耗していくような気持ちを感じました。

僕は奈良県出身です。凶弾に倒れた現場である奈良の大和西大寺駅は何度も行ったことがあります。それどころか、かつて浪人生だった頃は、大和西大寺駅前にある予備校に通っていたので、ほぼ毎日のように通っていました。他の方ではありましたが、駅前のロータリーで遊説を聞いたこともあります。自分のリアリティを感じる半径内での出来事であっただけに、いたく感じるところがありました。

僕は現在25歳です。総理大臣と言えば誰を差し置いても安倍元首相が思い浮かびます。割と歳が近い方も、同じ感想を持たれるかと思います。稀大の名宰相でありながらも非常にキャッチーな方であり、多くの人から愛されていたと思います。僕もその1人です。リオオリンピックでの閉会式の安倍マリオを、今でも覚えています。ネットやメディアでは叩かれることも多い方でした。そういったノイジーマイノリティに流された上での凶行だった可能性も否めないとは思います。

ただ、「批判が原因で今回のようなテロ行為が起きた」という拡大解釈を行い、言論弾圧の流れが加速されてほしくないです。殺人という最大の暴力で言論弾圧をおこなった今回の事件。これで言論が統制されるような方向へと進んでしまうと、暴力による統制を肯定することになります。暴力を正しい力だと認めないためにも、民主主義を存続させるためにも、断固として言論の自由は引き続き保障されていってほしい。

僕は安倍さんが好きだったので、正直「アベガー」とか言ってる連中のことはまったく好きじゃありませんでした。嫌いだと言ってもいいでしょう。ただ、彼ら彼女らの意見も封殺されていいとは思いません。意見には全く賛同できないが、その意見を言う自由は保障されるべきだ。ただし、あくまで公共の福祉に反しない限りという但し書きはつきますので、侮辱罪が厳罰化されたように、いきすぎた言動については制限されるべきだと思います。

将来は歴史の教科書に載るような出来事があった一日でしたが、それでも時間は過ぎ去り、明日もまた過ぎ去っていきます。深く考えすぎるのも体に毒ですので、今日も明日もこれからも、いつも通り過ごしていきたいと思います。

Kindle Unlimitedでは、200万冊以上が読み放題。お好きな端末で利用可能。
初めてご利用の方は30日間の無料体験が可能。期間終了後は月額980円。
いつでもキャンセルできます。

最新情報をチェックしよう!

雑記の最新記事4件